プロフェッショナルトラベラーへの道<ニューカレドニア、バヌアツ、少数民族撮影旅編> vol.6 バヌアツのカジノは本当に楽しい、、!

投稿者:

〈Day 6〉

この日も7時ぐらいに起床。

本日は伝統文化が未だに残る村を訪ねます。

朝食はパンケーキを食しました。

たい焼きの方で焼かれたパンケーキ。

こんなところでたい焼きに出会えるとは思っていなかったです。

ホテルにガイドが迎えに来てくれて、出発。

違うホテルにいる方も行くらしく、そちらもピックアップするとのこと。

ホテルから村までは車で20分弱ほど。以外と近くにあるんだなあとびっくりましました。

この島に最初から住んでいるEkusapと言われる方々で、どのようにして生きてきたのか、などを教えてもらいました。

冷蔵庫の代わりにどうやって食べ物を保管するのか、動物の捕獲の仕方、伝統的な料理の方法まで、伝えてもらいました。

Tanna島で出会った民族とはまたちょっと違う感じがして、やはり島ごとに生活は変わっていくことを実感。

最後は歌とダンスで見送ってくれました。









ホテルに戻ってきたのが12:00頃。

朝も早く、疲れ切っていたので昼寝をしてしまったみたいです。

13時頃に起床して準備。

お昼を食べようと出かけたのですが、お目当てのお店を見つけられず、歩きすぎてしまったようで、次の目的地カジノに到着していました。

カジノはあまり大きくありません。

なんなら小さいです。

ブラックジャックで基本的に稼ぎました。

4000vtからスタートして、最終的には10500vtになっていたので良いのではないでしょうか?

最後にルーレットもやりましたが、やはりルーレットはダメだな、、と実感。当たりません。

基本的に賭け金が低い(最低100vt〜)なので、なかなか設けは難しいですが、お土産代の足しぐらいにはなりました。

その後はカジノの余韻に浸りながらお土産を買いにVanuatu Souveniors というお土産やさんへ。

街の中にもなん店舗かあるらしく、スノードームやら多く揃っていました。

その後はマーケットなどにも寄ってみましたがあまりぐっとくるものもなく、、、

最後はホテル近くのOrganic Storeに寄って木彫りの置物と多少のチョコレートを購入しました。

まあ、ニューカレドニアでもなんかはあるだろう、、といった気持ちです。

ホテルに一度戻り、テラスで休憩。

6時頃に夜ごはんへ向かいます。

たべたのはFisherman’s Basket 。

フィッシュ&チップスや、焼いたエビ、 など海鮮系がドドんと入ったメニューでした。

ビールはタスカーレモン

ステーキを食べる際に初めて飲んだのですが、かなり美味しい。

さっぱりと飲みやすく、女性も好きだろうなと言った感じの味です。日本も飲みました。

飲みやすすぎます。

ホテルのロビーではラグビーワールドカップがパブリックビューイングのような形で流れていました。

その後は部屋に戻りテレビでラグビーを見て就寝。

明日はゆっくりとした時間の流れです。









返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です