プロフェッショナルトラベラーへの道<ミャンマー少数民族編> vol.3

投稿者:

朝早めに起床。

しかし、諸々の準備が遅くなり朝ごはんを摂り始めたのが8時10分ごろ。ガイドとの約束は8時30分。昨夜からWiFiの弱さをホテルに言っていたら、部屋を変えてくれることに。適当にパッキングして荷物をフロントまで持って行った。よろしくねと。

外に出るとガイドがすでに来ていたようで、さあ行こうと言ってくれた。

マーケットで、フライド麺の昼ごはんを買い、いざ出発。

最初に立ち寄った場所は酒を作っているところらしく、米から酒ができる過程を説明された。

飲みましたが、米からなので日本酒に近いかなあ。









その後はラフ族の村へ。

勝手に家の中まで入るのね。。

キッチンや家畜、白ブタと黒豚の違いまで説明を受けさらに山奥へ。

車が止まったのは山の麓。民族衣装を着た女の子がなにやら買い物をしていた。

その子たちについていくように山へ。

ラフ族、山を登ってアク族。子供は裸の子達が多かったです。ガイドはクッキーを子供に薬を女性に。そしてシャンプーを若い女性に配っていました。

山岳民族なので家からの景色が綺麗。

山道を下りながらお昼ご飯をとり、別の民族の村へ行き。

かなり歩きました。

最終的に車に戻ったのは16時30分ごろ。

車でホテルまでは30分ほど。

でこぼこ道を進みなんとかたどり着きました。

ホテルの隣の店で水を二本。スプライトを3本買い、チキンフライドライスも購入。部屋に戻り食す。

その後はホテルのフロントに洗濯物をだして就寝。

長い1日だったが明日も長いトレッキングの予定。

ストレッチをしておかなくては。









返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です