あなたの写真をぐっと良くする!おすすめ撮影の手順をご紹介!

投稿者:

みなさん。カメラはお持ちですか?現在一眼レフにこだわらなかったとしてもiPhoneなどのスマホでもかなり良い写真が撮れますよね。しかし、せっかく写真を撮るのであればもっと良い写真にしたいと思いませんか?

今回の記事は簡単な方法であなたの写真をぐっと良くするヒントをお伝えいたします!

僕は世界各地を巡り、少数民族を数多く撮影してきました。どうすればいい写真になるのか試行錯誤をしてきましたので、ぜひ参考にしていただければと思います!









いつもとは違った方法で!

・視線を変えてみる

視線を変えてみることは写真撮影にとってかなり重要なことです。いつもとちょっと雰囲気を変えて撮りたい、そんな時は自分の中にはなかった選択肢を試してみましょう。例えば普通に立って写真を撮っていた今までとは視線を変えて、しゃがんで撮ってみる、そんな少しのことで写真の雰囲気は変わります。しゃがんで撮ってみる、寝っ転がって撮影してみる、高い位置から撮ってみる、いろいろな角度から様々な面白い写真を撮れることを探してみましょう。

・持ち方を変えてみる

視線を変えるだけではなく、カメラの持ち方を変えてみるのもいつもと違った写真になり得るでしょう。例えばあなたがスマホで写真を撮影している場合はカメラを下向きにして撮影してみるのはいかがでしょうか?特にカメラを逆さまにして、地面につけて撮影することで地面との距離をなくすことで、エモーショナルでいつもとは異なった写真になるでしょう。自分自身で一番良い方法は何かを見つけることもカメラの楽しさだと思います!

・雨の日こそシャッターチャンス!

雨の日はカメラやスマホを出すのが億劫になる方も多いのではないでしょうか?しかし、雨の日こそ新しい発見があるのです。自分がカメラを出さない瞬間にシャッターを切れば誰もが驚く写真を撮ることも出来るのでしょう。特に水たまりに反射した街は神秘的でそこに人を入れて撮影することで今までにない写真になるでしょう。

道具を使ってみよう!

・ライティングはムードを出せる

ここまではカメラにツールは使いませんでしたが、ここからは道具を多少使ってみましょう。ライティングはムードを演出します。間接照明で代表されるように、直接照明を当てないことが重要です。直接照明を当ててしまうことで、素人が撮った写真にと変わってしまいます。壁に照明を当ててその跳ね返りの光を使って写真を撮ると柔らかい光とともに暖かい写真が撮れるようになるでしょう!

・スマホでの画角を変えてみる?

現在スマホでもいい写真が撮れるように様々がギアが売られています。100均にも広角に撮るレンズなどレンズを変えられるアイテムが揃っています。100均で帰るギアで失敗しても100円か、、!と思えば新しいものに挑戦しやすいのではないでしょうか?商品を見てみるだけでも楽しい気持ちになりますよね。自分だったらどう撮るか、そんなアイテムを使っての構図を想像するだけでも楽しいですよね!

・カメラだったら

レンズフードにセロハンテープのようなものを貼ってみるのも面白いかもしれません。テープがボケを作り、実際の映りとのギャップを生むことでしょう。他にも新しい方法を試すことで写真の可能性がぐっと広がるでしょう!

いろんな写真の撮り方を試してみましょう!









返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です