読み込み中

プレミアリーグ第6節 #LIVSHE

今回の記事はプレミアリーグ第6節、リヴァプールvs.シェフィールドUです。リヴァプールはUCLのアウェー戦でオランダのアヤックスにアウェーで勝利、UCL前の第5節はエヴァートンとドローで終えましたが、いい流れのまま確実に勝利して欲しいところです。

<この記事はサッカーを少しかじったことのある僕が、今シーズンがっつりリヴァプールを応援しようと思い少しずつリヴァプールの知識を集めていくものです。試合見てたよ、この選手が良かった、もっとミナミノを使ってくれ!などコメントくださいませ>

・INFO

Date : 2020/10/25

Stadium : Anfield

・LINEUPS

**リヴァプール

1 アリソン
3 ファビーニョ
12 ジョーゴメス
26 アンドリューロバートソン
66 アレクサンダーアーノルド
5 ワイナルドゥム
14 ジョーダンヘンダーソン
9 フィルミーノ out: 83min → 18 南野
10 マネ
20 ディオゴジョタ out: 83min → 7 ジェームズミルナー
11 サラー

**シェフィールドU

1 ラムズデール
3 スティーブンス
12 イーガン
6 バシャム
23 オズボーン
7 ランドストラム out: 76min → 17 マックゴールドリック
22 イーサンアンパドゥ
8 ベルゲ
2 バルドック
24 ライアン out: 54min → 14 オリヴァーバーク
9 オリヴァー

・GOALS

13’ ベルゲ(SHE)
41’ フィルミーノ(LIV)
64’ ディオゴジョタ(LIV) 

・FIRST HARF

リヴァプールは試合開始早々に左サイドバックのアンドリューロバートソンから一気に縦パスで前線のマネへ。中へ流し込む形を作るがゴール前でクリアされてしまう。(スピード感といいとてもいい形でしたが、ここはシェフフィールドを褒めるべきですかね、、。)
さらにハーフウェイラインからのリヴァプールのフリーキック。アンドリューロバートソンがキーパーの位置を見て直接ゴールを狙いますが、ラムズデールが弾いて外に出します。(よく見てるよな、キーパーの位置とか、、。さすがでした)
しかし10分にリヴァプールのペナルティエリア内でファビーニョがシェフィールドのオリヴァーをスライディングで倒してしまったという判定でペナルティキックに。(ファビーニョのファールの位置がペナルティエリアギリギリだったためVAR判定でしたが、PKに。。VAR怖い)キッカーはベルゲ。しっかり決められてしまい0-1となってしまいます。
その後もシェフフィールドペースとなり、23分には右サイドのバルドックからのクロスにオズボーンがボレーで合わせます。(アリソンのナイスセーブでした)
そんな中リヴァプールは41分に右サイドでジョーダンヘンダーソンがアーリークロス。中にいるマネがヘディングで合わせます。一度はキーパーに弾かれますが、詰めていたフィルミーノが右足で決めて同点に追いつきます。(クロスの精度も高いけど、しっかりと決めてくれて嬉しい話です)
前半は1-1の同点で折り返します。

・SECOND HARF

後半最初にチャンスを作ったのはシェフフィールド。左サイドのオズボーンからランドストラムへ縦パス。左足のセンタリングは大きくなりますが、走り込んでいたベルゲが頭で落として最後はバルドックがダイレクトでシュート。これはゴールの左に逸れていきます。(あぶねえあぶねえ、よかったです)
61分にはアレクサンダーアーノルドからサラーへ縦パス。これをサラーがゴールの左隅に流し込みますが、VARでオフサイドの判定。(この時は前節もマネがVARでオフサイドになってましたので、なんだか嫌な予感がしたんです。。)
しかしその嫌な予感を払拭してくれたのがディオゴジョタ。64分にマネが左サイドをえぐり、左足で浮き玉のクロス。中で待っていたディオゴジョタが頭で合わせて文句なしの勝ち越しに成功。(結構綺麗なゴールでした。マネのクロスの精度も高かったし!嬉しいですねえ。)
80分にはワイナルドゥムからサラーへ。ディフェンスを抱えながらもシュートを放ちますが、これは右のゴールポストにあたりゴールとはならず。(かなり、惜しかった、、。)
83分にはフィルミーのに代わり南野。(欲を言えばもっと出場して欲しかったですが、こればかりはしょうがないですね、、。)
試合はそのまま終了。リヴァプールが久しぶりにリーグ戦でしっかり勝った気がします。

・TOTAL

リヴァプールは試合開始早々からチャンスも作っていたので、1点先制されてもそこまで焦っていなかったように見えました。後半VARでサラーのゴールが認められなかった時はちょっとビビりましたが。。。南野も出場。少しずつ出場時間を伸ばしてスタメンを勝ち取って欲しいものです。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です