読み込み中

プレミアリーグ第5節 #EVELIV

今回の記事はプレミアリーグ第5節、エヴァートンvs.リヴァプールです。
リヴァプールはこの前節のアストンヴィラ戦で7-2のまさかの敗戦。
インターナショナルウィンドウで代表戦があり、間が多少空いておりましたが、さてさて、、。マージーサイドダービーです。

<この記事はサッカーを少しかじったことのある僕が、今シーズンがっつりリヴァプールを応援しようと思い少しずつリヴァプールの知識を集めていくものです。試合見てたよ、この選手が良かった、もっとミナミノを使ってくれ!などコメントくださいませ>

・INFO

Date : 2020/10/17

Stadium : Goodison Park

・LINEUPS

**リヴァプール

13 アドリアン

3 ファビーニョ out: 90min  → 5 ワイナルドゥム

4 ファンダイク out: 11min  → 12 ジョーゴメス

26 アンドリューロバートソン

32 ジョエルマティブ

66 アレクサンダーアーノルド

6 ティアゴ

14 ジョーダンヘンダーソン

9 フィルミーノ out: 78min  → 20 ディオゴジョッタ

10 マネ

11 サラー

**エヴァートン

1 ジョーダンピックフォード

5 マイケルキーン

12 リュカディニュ

13 ミナ

23 シーマスコールマン out: 32min → 22 ベンゴッドフレイ

6 アラン

16 ドゥクレ out: 78min → 17 アレックスイウォビ

19 ハメスロドリゲス

21 アンドレゴメス out: 73min  → 10 ギルフィシグルズソン

7 リシャルリソン

9 ドミニク

・GOALS

3’ マネ(LIV)

19’ マイケルキーン(EVE)

72’ サラー(LIV)

81’ ドミニク(EVE)









・FIRST HARF

開始早々にリヴァプールはマネのゴールで先制。幸先良い!と思っていたら11分にファンダイクが接触で負傷交代。痛そうだったよね。長期離脱の可能性もあり、リヴァプール的にも痛そうですね。(BBCによればユンゲンクロップも試合後に怒っていたとか)

エヴァートンはマイケルキーンが19分にハメスロドリゲスのコーナーキックからゴールを決めて試合を振り出しに。ハメスロドリゲスのコーナーキックも正確だしマイケルキーンの打点も高かった。(なんか綺麗に決められた感が…悔しいね)

34分にはフェルミーノからロバートソンで左サイドを抜けて中央のマネへ。しかし決めきれず。ゴールの右へ。。(ジャストミートしなかったのかな、、)

・SECOND HARF

ハーフタイムには両チーム選手の交代はなくそのままキックオフ。

後半の最初はエバートンがボールを持つ時間が長くなり、ポゼッションも後半だけ見るとリヴァプールを上回っていました。

しかし72分にファビーニョがヘンダーソンへ繋ぎ、アーリークロス。エバートンのミナがヒールでクリアしたボールがサラーの前へ。そのままダイレクトで左足を振り抜きゴールの左隅へ。ミナが戻りながらヒールでのクリアだったのでちょうどよくサラーの前へ転がってきてましたね。。(サラーはリヴァプールでの公式戦100ゴールの節目らしいですよ)
その後76分にもリヴァプールはアレクサンダーアーノルドのコーナーキックからマティブが頭で合わせましたが、エヴァートンのGKジョーダンピックフォードに阻まれます。

81分にはエバートン。左サイドでボールを持ったハメスロドリゲスから縦へ走ったディニュへ、クロスをあげ中で待っていたドミニクが頭で合わせ再び同点。(よくあんなにジャンプするよな。高すぎだよな。)

90分にはエバートンのリシャルリソンがティアゴへのタックルでレッドカード。エヴァートンは1人少ない状況へ。(もっと早く10人になっていればリヴァプールは勝ちきれたか、、?)

90分+2分にリヴァプールはティアゴからマネへと繋ぎ中にいるヘンダーソンへ。ゴールネットが揺れゴールかと思いましたが、マネの位置がVARでオフサイドの判定。ゴールが取り消されます。(ゴールだと思ったよね。もう、ゴールだったよね。腕がちょっとオフサイドの位置にあったらしいです。まじかよ)

試合は2-2のまま終了。

・TOTAL

リヴァプール的には先制されて追いつかれて、勝ち越して追いつかれて、、、といった勝ちきれずの展開。引き分けで終わってしまい残念。南野選手は出場機会が今節ではありませんでしたので、次節ないしはUCL等での出場を期待したいですね、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です