プロフェッショナルトラベラーへの道<南米編> vol.3

投稿者:

<DAY 3〜Condorバス?Turbus?〜>

この日は7時に起床。
飛行機の疲れもあってか、よく眠れた。着替え、歯磨き、シャワーなどを終え朝ごはんに向かう。

(ちなみにシャワーでお湯が出ないなんてことはありませんでしたが、水圧弱かったです、水圧強め派の僕は辛い)

朝ごはんはクロワッサン、卵、桃などのフルーツ。美味しかった。特別何かが美味しかったわけではないですが、普通に美味しい。

部屋に戻り、出発に向けて準備。

準備ができたところでメトロへ向かう。
チケットを買い、電車でValparaísoへ向かうバスが出ているUniversidad de Santiago 駅のバスターミナルへ。

(南米の電車って普通です。椅子が柔らかくないこと以外は、、ですが、)

ここで痛恨の降りる駅を間違えました。

目的地のUniversidad de Santiago 駅で降りたはずが一つ手前のUniversidad de Chile駅で降りてしまったようで、どこにもバスターミナルはなく、、え?どこここ?と思っていました。

警察官に道を聞いたところやはり間違っていたようで、メトロにもう一度乗車。
今度は問題なくUniversidad de Santiago駅に到着。ターミナルはかなりわかりやすく迷う余地などありませんでした。笑

Condorというバス会社の受付に行くと、ここはやってないから、Turbusという会社の受付に行くように指示され列に並んでいると、ここでは買えないと言われる。え、どこも買えないじゃん。
どういうこと?と思っていたところ、その直後に購入できるわよ!受付してあげるわよ!と受付のおばさんに言われ、世界遺産が待つValparaíso行きのバスチケットを往復で購入。

バスの出発まで時間もなかったので、すぐに乗り込み適当な座席に座っていると、次のターミナルでかなり多くの人が乗ってきたため、正しい席へ移動させられました。自分の座席へ。

そこから2時間ほどはバスがとても快適だったためぐっすり。
日本でいう長距離移動バス?のいいバージョンでした。本当に快適。椅子ふかふか、、

ついにValparaísoに到着し、適当に市バス(トロリー)のようなものを探すが見つかりません、、、
適当はよくないですね、、再びバスターミナルへ戻り、インフォメーションブースでしっかりと情報を聞きました。

トロリーに乗り込み、一番有名だと思われる「ソトマヨールプラザ」に向かいます。

しかしなぜかプラザという名前の違うバス停で降ろされました。
南米の洗礼を浴びております。。。

くよくよしていても仕方がないので、まずは歩いてバス停近くの港へ向かい、おみやげ屋さんのような店ででアイスを食べました。ここまで食べてばっかですが、歩くと喉が渇きますので、、

その後はついにソトマヨールプラザへ!
想像よりも道の真ん中。

フリーマーケット的なものが行われていたので、
皮でできた小銭入れを1500ペソで購入したり(300円くらい?)
たまたま停車していた警察のバイクにまたがらせていただいたりしました。

その後はついに世界遺産「コンセプションの丘」へ!

コンセプションの丘を目指しアセンソール(ケーブルカー)を探すがどうしても見つからず。
どうやら乗ろうと思っていたアセンソールは工事中で利用できないとのこと。

回り道をして歩いて丘の上を目指すことに。
途中カラフルな階段やらオシャレな壁やらがあったのでかなり楽しみながら歩けました。

世界遺産に登録されているコンセプションの丘はかなり環境が整っていて治安もいい感じでした。
南米らしい色使いを堪能しました。

その後は街を散策。野良犬が多い、、
お昼時になり、ご飯を食べたいと思い、キャッシュオンリーのレストランに入るも、メニューがイマイチだったのですみません、、とレストランを出ました。

ネットを駆使して調べたところ「La Columbia」と呼ばれるレストランがいい感じのよう!
La Columbiaを目指し、とにかく階段を上る上る。

やっとたどり着き、昼食はサーモンのリゾットとバジルのラビオリ。

リゾットの米が美味しかった。

見晴らしの良いビューポイントを抜け、アセンソールも有名なのにここまで一度も乗っていないことに気づき、アセンソールでソトマヨールプラザ付近へ降りてきました。

続いては、歩いて青空美術館(Valparaísoの中でアーティスティックになっている場所)を目指し、またも、アセンソールに乗ろうとするが、再びの工事中。

仕方がないので、かなり急な坂道を登り、カラフルな家やトタン屋根を見て回った。
町中が綺麗で鮮やかな印象。

(トタン屋根ばっかりで汚い印象だったから、ペンキを塗って綺麗にしたらしいです。それが世界遺産に、、いい話だな〜)

歩いて丘を下り、トロリーに乗って朝到着したバスターミナルへ向かおうとするが、一向にトロリーの停留所が見つからず。。

適当にバスに向かって手を挙げてみたら止まってくれたので乗車。
バスターミナル付近に戻り、バスの時刻を確認!そしてチケットは朝往復で買ったものの、オープンチケットを購入していたので、帰りのバス時刻確定させ、コーラと水を買いバスを待つことに。

ようやく来たバスに乗車。
座席も快適で何の問題もなく2時間をかけホテルのあるサンティアゴに帰還。

バスターミナルからはメトロに乗車。さすがに帰りは降りる駅を間違えはしなかったです。

ホテルに戻ってきて、すぐにホテルのレストランへ。
ロブスターのラビオリ。うなぎの揚げたやつ、デザートはアップルパイとアイス、クリームブリュレを食べ部屋に戻ったのでした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です